はじめてのリフォーム特集

建て替えかリフォームか?

購入した住まいも、10年・20年・30年と経過すると外壁や屋根、水回りなど汚れや劣化などが進み、そろそろ改修しなくてはいけないのでは?と考えることもあるでしょう。
そこで、多くの方が悩まれることの一つとして、一戸建て住宅であれば、「建て替え」にするべきか、「リフォーム」にするべきか、ということではないでしょうか。

では、この「建て替え」にするべきか「リフォーム」にするべきかというのはどのような基準で決めるのが良いのでしょうか。
この建て替えかリフォームにするべきかの判断基準として、重要なのはそのご家庭ご家庭での将来予測も大切です。もちろん、実際自分のお家がどのような状態なのかきちんと把握する必要があります。

例えば同じ築年数30年であってもそのお家の状態はそれぞれ異なります。例えば、キッチンをシステムキッチンに改修していたり、外壁や屋根の工事はしてあったりと、これまで細かくメンテナンスなどを行っているご家庭とそうでないご家庭では家の状態は大きく変わるのです。
そのため、築年数は目安にはなりますが築年数だけで判断するのは得策ではないのです。

リフォーム例えば築年数がそれほど経過していない建物であっても、その土地の環境などによって基礎や土台、梁など構造部分が激しく痛んでいるようであれば建て替えをしたほうがいいかもしれませんし、築年数が20年程度でこれらの構造部分がまだまだしっかりしているようであればリフォームで十分大丈夫というケースもあるのです。
これらの判断をするには、素人ではやはりなかなか判断ができませんので、専門家に現状調査を依頼して、お家の状態を把握することが大切です。

しかし、建て替えとなるとお家を建てた頃の法律と異なることが多々あります。例えば、1981年には新しい耐震基準ができたためそれ以前に建てられたお家にとってはかなり大掛かりなリフォームが必要になることもあります。
そして、法律によって建て替えのできない土地などもありますので、事前にこれらをチェックしておくのが良いでしょう。
これらを知るためにもやはり専門家に診断していただくのが得策だと言えるのではないでしょうか。

この「建て替え」か「リフォーム」かという点では、それぞれにメリット・デメリットがあります。例えばリフォームでのメリットとしては、建物の土台などつ空ける部分は再利用して改修が必要な部分を改修しますので、建て替えに比べてコスト削減できるということが一番のメリットではないでしょうか。
一方で、リフォームのデメリットとしては希望の間取りを作ることができなくない場合も多く、配管や柱などの状況によって水回りの位置や大きな間取りの変更などができない可能性があります。

そして、建て替えのメリットとしては何と言っても、間取りなど希望のプランを立てやすく、お家を自分好みに建て替えられるという点が一番のメリットではないでしょうか。
一方デメリットとしては、取り壊して作るわけですから、廃材も多くでることや建て替えが終了するまでの仮住まいが必要ですので、総費用としてリフォームより高くなることが挙げられます。

リフォームもちろん、一戸建てだけでなく、マンションにおいても築年数が40年、50年となれば建て替えを余儀なくされる場合があるようです。このマンションにおける建て替えは比較的簡単に行えるものではないというのが現状のようです。
しかし、ここでの記事では「マンション」においてまた「一戸建て」において、“はじめてリフォーム”される方にとってリフォームする前にしておきたい情報を紹介していきたいと思います。

このページの先頭へ